精力剤・強壮剤・ED治療薬の違いやED解消効果を比較して徹底解説!

精力剤・強壮剤・ED治療薬の違いやED解消効果を比較して徹底解説!

男性機能の低下を自覚したとき、まず考えるのが精力剤の利用ではないでしょうか。加齢やストレスなどの影響をストレートに受ける男性機能。その症状は、精力減退から勃起不全に至るまでさまざまです。

そもそも「精力剤」というのはどういったものなのでしょうか。精力剤と混同されがちな「強壮剤」、「ED治療薬」とともに、それぞれの特徴や3者の違いについて、詳しく見ていきましょう。

精力剤・強壮剤・ED治療薬の違い

精力剤は、精力アップや滋養強壮、体力増強を目的に開発された商品。ですが、医薬品ではありません。

医薬品であるED治療薬や、強壮剤を同列に扱っているインターネットサイトを見かけることもあり、混同してしまう方もいるようです。間違った情報に惑わされず、正しい知識を身に着けましょう。

精力剤(非医薬品)

メンズサプリなどと呼ばれることもあり、主に男性の精力アップを目的に作られた製品です。ゆっくりと体質改善を図り、その先にある男性機能の改善に繋げます。

マカやアルギニンなど、自然由来の原料を成分とすることが多く、血行不良や肥満などの体質を改善します。

精力減退や勃起不全は、血行不良から起こることも多く、根っこの原因を解消することで、持続した男性機能の回復が期待できるのです。

ただし即効性はなく、あくまでも効果は穏やかなものです。

主な原料として、マカ、アルギニン、クラチャイダム、亜鉛、シトルリンなどがあげられます。

強壮剤(医薬部外品)

滋養強壮剤、強精剤とも呼ばれる、医薬部外品です。医薬品と違い、病院を受診しなくても、ドラッグストアなどで購入することができます。

男性ホルモンの摂取を目的として作られているので、精力剤より確実な効果が期待できます。医薬部外品のため、ラベルなどに使用方法が明記されています。

主な配合成分として、性ホルモン剤であるメチルテストステロンのほか、タウリン(アミノエタンスルホン酸)や生薬のエキスなどがあげられます。

医薬品(ED治療薬)

医療機関を受診して、「勃起不全」と診断を受けた場合に処方される薬です。ドラッグストアなどで購入することはできません。

確実な勃起を誘導してくれますが、効果は一過性のものです。勃起薬や勃起促進剤と呼ばれることもあります。

主な成分として、タダラフィル、シルデナフィルクエン酸塩、塩酸バルデナフィル水和物などがあげられます。

精力剤の特徴

精力剤の特徴
精力剤は、体質改善を図りながら、その先の男性機能回復を目指すものです。男性機能の低下は、血行不良や肥満などから引き起こされることも多く、そうした原因を取り除くことにより、男性機能を回復させよう、というメカニズム。

そのため、体本来の力を取り戻して回復に至った男性機能は、そのまま維持することができます。これは、勃起そのものを起こすED治療薬と大きく違うところです。

ED治療薬の場合、飲まなければ勃起できないからです。精力剤に配合される成分は、ビタミンやアミノ酸、ミネラルなど、自然由来のものが多く、副作用の心配がほとんどありません。

ですから、男性の精力アップのみならず、体力増強など健康補助食品として、精力剤を摂取し続けることもできます。

精力剤の摂取で期待される効果

精力アップを目的とした精力剤には、成分として、アルギニンが含まれていることが多いようです。

アルギニンは男性機能アップに必要不可欠とも言われるアミノ酸。マカやクラチャイダムといった植物から抽出されます。

血管を拡張して、体内の血流を良くしてくれます。体内の血流が良くなると、ペニスの海綿体にもしっかりと血液が送り込まれます。つまり勃起を促進してくれるというわけです。

精力剤の副作用

精力剤は医薬品ではないので、副作用の心配は少ないのが特徴です。とは言え、体内に取り込むものですから、場合によっては副作用の可能性もあります。

副作用1・精力剤の飲みすぎによるもの

精力剤は、比較的ゆっくりその効果を実感できるタイプのものです。早く効果を実感したい、と焦り、精力剤を必要以上に飲むのは問題です。

精力剤の過剰摂取により、胃腸に負担がかかり、下痢などの症状を引き起こされることがあります。

精力剤に記載されている用法・用量を守って、正しい服用をしましょう。過ぎたるは及ばざるがごとし、です。

副作用2・体質によるもの

精力剤と自分の体質が合わないことがあります。場合によってはアレルギー症状を引き起こすことも。

気になる方は、摂取する前に必ず成分表記を見て、自分が避けるべき成分が含まれていないか確認しましょう。

精力剤のなかには、有用成分以外に、凝固剤や防腐剤といった添加物が含まれているものもあります。精力剤やサプリというのは、ある程度の期間、継続して摂取するものです。

一回の摂取量は少なくても、積もり積もれば、思いのほか添加物を摂取していることも。少しでも違和感があれば、すぐに服用をやめましょう。そして、適切な医師の診断を仰ぐのが安心です。

精力剤と医薬品との併用

精力剤には、男性機能アップのために、多くの栄養素が配合されています。医薬品との飲み合わせにより、お互いの作用を阻害する、過剰にする、といったケースも考えられます。

持病などの薬を服用している場合は、飲みたい精力剤について、その薬を処方してくれている医師に相談するとよいでしょう。

「強壮剤」の特徴

強壮剤は、医薬部外品です。精力の回復や滋養強壮を目的に開発され、タウリン(アミノエタンスルホン酸)や性ホルモン剤であるメチルテストステロンといった医療用成分が含まれています。

また多くの場合、生薬由来のエキスなども配合されています。医療用成分配合ですが、街のドラッグストアなどで、比較的手軽に購入することができます。

前述の精力剤と同様、体に栄養を与えて体質を改善し、体本来の機能を取り戻す成り立ちです。強壮剤は、精力剤より強い効果が期待できます。

ただし、半ば強引に勃起を誘導するED治療薬とは、メカニズムが違います。「養命酒」や「ユンケル」という商品名を耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。これらも強壮剤の一種です。

強壮剤を購入する際、おすすめなのが「あかひげ薬局」。男性機能アップに特化した商品を取り扱っています。店舗には薬剤師が常駐していて、消費者ひとりひとりの悩みに、きめ細かく寄り添ってくれます。

強壮剤の効果

多くの強壮剤には、メチルテストステロンという成分が配合されています。メチルテストステロンは、男性ホルモンであるテストステロンを人工的に化学合成したもので、体内で吸収しやすくしています。

テストステロンは男性の機能アップに欠かせない物質。外から効率的な形で摂ることにより、勃起を誘導してくれます。

強壮剤の副作用

強壮剤に含まれるメチルテストステロンには、副作用があり、前立腺腫瘍を進行させることがあります。メチルテストステロン配合の強壮剤服用前には、適切な医師の診察を受けましょう。

「ED治療薬」の特徴

ED治療薬は、病院の受診を必要とする医薬品。有名なバイアグラのほか、シアリス、レビトアといったものがあります。

医薬品ですから、その効果は、確実で即効性があります。ED治療薬は、勃起を阻害する酵素であるホスホジエステラーゼ5番(PDE5)の分泌を抑制することで、勃起を促すシステムです。

ペニスを半ば強制的に勃起させるもので、体から沸き起こる自然なものではありません。効果は一過性で、その都度の服用が必要です。ち

なみに、バイアグラは、狭心症の治療薬の研究をしていた時に偶然見つけられたというエピソードを持っています。

ED治療薬の効果

ED治療薬の効果
ED治療薬の効果は絶大です。例えば、勃起不全に悩んで病院を受診した男性が、バイアグラを飲んだところ、射精後も萎えることなく、5分後に再び性交できる、という話もあります。

ED治療薬の副作用

ED治療薬は、強い効果が期待できるもの。ただし、医薬品ですから副作用のことをしっかり頭にいれておく必要があります。

ほてり、消化不良、頭痛、潮紅(顔・手足などが赤くなる)といった症状があらわれることがあります。

日本では医師の診断を必須とするED治療薬ですが、世界にはED治療薬を気軽に購入できる国もあります。こうした事情から、海外から個人輸入をしてED治療薬を手にする方もいるようです。

ですが、ED治療薬の副作用や特性を正しく理解して、素人判断での服用や、継続的な摂取は避けるべきでしょう。

精力剤・強壮剤・ED治療薬、どれがおすすめ?

精力剤と強壮剤は、どちらも、体内の男性ホルモンの量をアップさせることにより、精力アップを目指すものです。ですが、男性ホルモンの量をアップさせるアプローチが異なります。

精力剤は、体の血流をアップさせて体質改善することにより、体から自然と男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促すシステムです。

一方、強壮剤は、人工的に生成された男性ホルモンであるメチルテストステロンを摂取して、体内量を増やすシステムです。

経口摂取したメチルテストステロンは、時間と共に体内からなくなっていきますので、常に強壮剤を摂取し続けなければなりません。

薬というもの、常用していると、体が慣れてしまい、より多くの用量が必要になる、また長期の服用で、体から沸き起こる自然な勃起が阻害されることもあります。

男性ホルモンであるテストステロンは、本来、体で自然に分泌されるのが理想的。特に、若い年代で健康な方は、まず精力剤での体質改善を目指すとよいでしょう。

強壮剤の服用は、どうしてもというときに補助的に利用することをおすすめします。ただし、年齢に伴って、自分では男性ホルモンを作り出せないときは、強壮剤を上手に利用して、男性機能アップを目指しましょう。

ED治療薬は、ここぞというときの切り札として利用することをおすすめします。まずは、精力剤などで体質改善をして、より自然な精力アップを目指し、いざというときにはED治療薬の助けを借りる、というわけです。

例えば、ED治療薬のなかでもレビトラという薬は、服用後20分で効果があらわれます。セックスの最中に、助けが必要だな、と感じてからでも間に会います。

プラシーボ効果とは

プラシーボ効果とは、人間の思い込みにより、実際には効力のないものでも、効果があらわれてしまうこと。例えば、頭痛に悩む男性に、小麦粉など薬としての効力のないものをカプセルに詰めて、「頭痛に良い薬」として摂取させたところ、頭痛が治ってしまった、という実例があります。

精力剤やサプリを飲むと、急激な男性機能アップを実感する方もいるようです。ですが、医学的に考えると、精力剤やサプリには即効性はありません。このように感じるのは、まさにプラシーボ効果によるもの。医薬品より副作用の少ない精力剤で、効果が得られるなら、それに越したことはありません。数ある精力剤のなかでも、「凄十」はおすすめですよ。

男性機能アップに有効な成分と原材料

代表的な成分

アルギニン

アルギニンは、強力な血管拡張作用を持つ、アミノ酸の一種で、多くの精力剤に配合されています。マカやクラチャイダムといった植物に含まれる自然由来の成分です。

アルギニンは、体の血管を拡張させ、体内の血流を良くします。それにともない、ペニス海綿体への血流もアップし、自然な勃起に繋がるというわけです。

また、アルギニンは、勃起の維持や精液を生成する役割も担っています。

シトルリン

シトルリンは、血管拡張作用を持つ、アミノ酸の一種です。2007年まで医薬品指定がなされていた成分で、その効果はお墨付き。

ただし、シトルリンは単体ではその威力を発揮できず、前述のアルギニンと一緒に摂取する必要があります。そのため、精力剤には、シトルリンとアルギニンを配合したものが多いようです。

亜鉛

亜鉛は、男性ホルモンであるテストステロンの分泌や精子の生成に、なくてはならない物質で、「セックス・ミネラル」と呼ばれるほどです。牡蠣やレバー、海苔などに多く含まれています。

代表的な原材料

クラチャイダム

クラチャイダムは、タイ原産のショウガ科の植物です。

アルギニンの含有量は、マカの2.4倍と言われていて、そのほか亜鉛やアミノ酸、ミネラルも豊富に含まれています。

その威力は絶大で、多くの精力剤に利用され、注目の植物です。

トンカットアリ

トンカットアリは、ハーブの一種で、主に東南アジアの熱帯雨林に自生しています。

男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促す作用は、科学的にも実証されています。精子を生成し、精力をアップさせてくれる有用な植物です

精力剤・強壮剤・ED治療薬を適切に利用して精力アップを

精力剤は、じっくりと体質改善をして、体本来の機能を取り戻すことで、精力アップに繋げるものです。強壮剤は、人工的に精製された男性ホルモンを飲むことで、精力アップをもたらすものです。

そして、ED治療薬は、薬の力で、半ば強制的に勃起を促すものです。3者は似ているようで、実はまったく違います。

精力減退や勃起不全の要因は、さまざまなものがあります。加齢やストレスによるもの、良くない食生活や生活習慣からくるもの、持病によるものなど。それぞれの原因により、改善方法は違ってきます。

精力回復や勃起不全の改善には、自分の状況を見定め、原因を知ることが大切です。まずは副作用の少ない精力剤を試すのが安心です。

精力剤の摂取で、あまり効果を感じられない場合には、強壮剤を利用してみましょう。それでも効果を感じられない時は、専門のクリニックを受診して、ED治療薬の処方などをしてもらいましょう。

自分に合った精力剤やサプリに巡り合い、精力回復を目指しましょう。

 


最新版のペニス増大サプリを徹底検証

すべて実際に使って客観的なデータを集計した増大サプリおすすめランキング大公開!使ってみてわかったメリットや特徴をくまなくご紹介します。短小や精力減退で悩んでいる方はぜひご覧下さい。ギンギンにそり立つ巨根を手に入れて自信を増大させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です