年代別の性力剤の効果や精力回復方法を調査!

年代別の性力剤の効果や精力回復方法を調査!

このところペニスの元気がないなあ、と感じた男性が、まず手にするのが「精力剤」。現在、錠剤のサプリや、ドリンクタイプのものなど、多くの種類の精力剤が販売されていますね。

なお精力剤というのは、医薬品ではありません。そのため、効果効能については、個人差や相性などもあり、「効いているのかいないのか、イマイチ分からない」といった声も。

精力回復、とひとくちに言っても、年代別に、勃起不全などの原因が違ってくることもあります。原因が違えば、精力剤のチョイスも変わってくるもの。

ご自身の症状や年齢を、正確に把握することが、大切です。勃起不全の年代別の原因や、それに対する精力剤の効果を、ご紹介します。

精力剤はすぐにギンギンにならない

精力剤はすぐにギンギンにならない

精力剤は、体質を改善して、その延長線上で自然な勃起力を導くもの。精力剤を摂取することで、男性機能のアップに必要な成分の効率的な摂取を手助けします。

精力剤の有用成分により、勃起しやすい体質に導くというわけです。精力剤は、飲んだ途端に、ギンギンに勃起する、という「媚薬」ではありません。

また、バイアグラのような、強制的にペニスを勃起させる「ED治療薬」でもありません。万が一、そのような謳い文句の精力剤があったとしたら、怪しいものかも知れない、と警戒しましょう。

即効性を求めたい気持ちは分かりますが、安心できる精力剤を選んで、ゆっくりと体質改善に励みましょう。

精力剤を摂取するときのポイント

勃起不全などの症状や原因には、ひとそれぞれ個人差があります。

自分の体質や状況に合った商品を選ぶ

精力剤にもさまざまなタイプのものがあります。自分の症状と原因を見定めて、それに合った商品を選ぶことが大切です。

例えば、ある男性が、使ってみて効果のあった精力剤を、別の男性にすすめたところ、その男性には全く効果がなかった、という話も。これだ、と思える商品に巡り会うまでは、商品探しの旅

いくつか試して模索してみましょう。精力剤は、精力アップだけではなく、血行促進や肥満解消にも効果が期待できますので、楽しみながらトライできるといいですね。

ある程度の期間、継続摂取する

精力剤は、体質改善して、精力の回復につなげるものです。効果があらわれるまでには、時間がかかるので、ゆっくりじっくり構えましょう。

焦って過剰摂取することなく、記載されている用量・用法のもと、最低5カ月くらいは摂取を続けましょう。

年代別の精力減退原因と精力剤の効果

年代別の精力減退原因と精力剤の効果
勃起不全などの精力減退の症状は、加齢が大きく影響します。そのため、年代により、改善方法や、精力剤に求める効能が変わってきます。3つの年代に分けてみていきましょう。

20~30代

20~30代の若い年代での精力減退の主な原因は3つ。精神的ストレス・病気・不摂生などからくる身体の機能低下です。

このなかで、精神的ストレスと病気を原因とする場合は、残念ながら、精力剤での改善は期待できません。病気の場合は、まずは適切な医師の指導のもと、病の治療に取り組みましょう。

また、精神的ストレスを解決するのは簡単ではないかもしれませんが、少しずつストレス軽減を心がけましょう。

ちなみに、精神的ストレスに起因する勃起不全に悩む男性が、精力剤を飲んで、元気になった、という話があります。精力剤のなかには、心因的なものを解決する成分は含まれていません。

これは、「プラシーボ効果」によるものでしょう。例えば、ただの小麦粉の粒を、病気に良いと聞いて飲んだところ、治ってしまうという現象で、いわゆる思い込みです。

結果オーライではありますが、精力剤の本来の効果ではありません。精力剤による改善が期待できるのは、不摂生などからくる身体の機能低下、を要因とするタイプです。

本来まだまだ旺盛であるべき20~30代。ぴったり合う精力剤を摂取すれば、大きな効果が期待できるでしょう。

40~50代

40~50代の精力減退・勃起不全の原因は、前述の3つ+加齢です。何もしないでいると、加齢とともに、男性機能が低下するのは自然の成り行きです。

ですが、精力剤の利用で、この加齢による精力減退を食い止めることができます。男性機能アップを目指す精力剤には、血行促進や滋養強壮に良い有用成分が豊富に含まれています。

血流を良くして、体内に必要な栄養素をみなぎらせることで、精力アップに繋がります。また、これら成分は、精力アップのみならず、生活習慣病予防にも効果が期待できます。

「歳だから」と諦めずに、精力剤で、パワーを取り戻しましょう。

60代以上

60代以上になると、さすがに20代の若い男性と同じパワーというわけにはいかないかも知れません。

普段は、精力剤で滋養強壮を養いながら、「ここぞ」という日には、バイアグラなどED治療薬に頼るのもひとつの方法です。

普段から、精力剤を利用して、健康的な身体を心掛けていることで、いつまでも現役でセックスを楽しむことも可能です。現役引退は、まだずっと先ですよ。

精力剤と強精剤の違い

「精力剤」と「強壮剤」は、似ているようで、実は、全く違うものです。

男性機能アップを目指すという点は一緒なので、混同しがちですが、含有成分や効果などに違いがありますので、服用前にしっかり理解しておきましょう。

精力剤とは

精力剤は、非医薬品です。血行促進を促し、肥満など体質改善を図ります。そのうえで、男性機能の回復を目指すものです。

精力剤は、メンズサプリ、精力増強剤、性力増強剤と呼ばれることもあります。精力剤に含まれる成分は、自然由来の原料のものが多く、副作用の心配があまりありません。

精力剤は、長期間、継続して摂取することで、よりよい効果を得られます。

強精剤とは

強精剤は、医薬部外品です。滋養強壮剤と呼ばれることもあります。男性ホルモンの摂取を目的としており、精力剤に比べて、よりパワフルな効果が期待されます。

強精剤の多くには、性ホルモンであるメチルテストステロンが配合されています。メチルテストステロンは、男性ホルモンであるテストステロンを人工的に化学合成し、体内に吸収しやすくしたものです。

メチルテストステロンの摂取で、自然な勃起を促すことができます。ただし、ホルモンに作用するので、副作用の心配もあります。前立腺腫瘍を増大させるという報告もなされていますので、服用の際には、医師に相談すると安心です。

精力剤を服用すると薄毛になる?

精力剤の服用で薄毛になる、禿げる、という話が一部にありますが、これは事実ではありません。

男性ホルモンであるテストステロンが薄毛の原因という間違った情報により、精力剤イコール薄毛になる、という図式になったようです。

薄毛の原因は、テストステロンではなく、ジヒドロテストステロンの過剰分泌。

ジヒドロテストステロンは、テストステロンが不足すると生成される物質なので、むしろ、精力剤でテストステロンの分泌を促進させるのは、薄毛に効果があるということです。

精力剤は、薄毛の予防や改善にも良い効果を発揮してくれます。まず、精力剤による血管拡張作用により、頭皮の血行を良くして、髪に良い影響を与えてくれます。

疲労回復効果により、ストレスを軽減させ、髪の健康にもつながります。また、精力剤には、亜鉛が含まれていることが多く、男性機能回復はもちろん、薄毛予防にも効果的なのです。

精力アップさせたいからED治療薬を服用は間違い

バイアグラなどのED治療薬を飲んだからと言って、体から自然に沸き起こるムラムラとした性欲は期待できません。

スムーズに勃起するので、セックスできるようになりますが、快感は半減するという声もあります。ED治療薬は、ペニスをいわば強制的に勃起させる薬であり、媚薬ではないのです。

また、ED治療薬は、精力剤や強精剤ともまったく違います。混同されがちな3者ですが、服用の際は、それぞれの特性をしっかり認識しましょう。

体の機能を維持することにより、勃起力を高めよう

力強い勃起には、健康な体が必要不可欠です。なかでも、血管と生殖器官(睾丸)は、勃起するために大変重要な器官です。

病気や不摂生、老化などから、この2つの器官を守って、いつまでも勃起力を維持しましょう。

血管と血液を健康に保つ

男性機能アップを目指す精力剤には、必ずと言っていいほど、血管拡張作用のある成分が含まれています。

勃起というのは、ペニス内部の海綿体に血液が流れ込み、膨張することで起こる現象。体内の血流が勃起に大きく作用するのです。

健康な血管は、弾力性に富み、血液が柔軟に体中をめぐります。そして、健康な血液は、サラサラと血管内をスムーズに流れます。

ですが、血管が、動脈硬化などにより硬くなり、壁が厚くなると、血液が通りにくくなり、血のめぐりが悪くなります。

ペニスへの血流も悪くなり、勃起しにくい体になってしまうわけです。また、不摂生による中性脂肪の増加で、ドロドロの血液になると、血液がスムーズにペニスに流れ込みません。

健康な血管と血液は、勃起に必要不可欠です。食生活などに留意して、サラサラの血液を目指しましょう。

生殖器官(睾丸)を健康に保つ

精巣(睾丸)の機能維持を意識する

男性が性的興奮を覚えると、体内のテストステロンの働きにより勃起が起こります。テストステロンは、勃起力に欠かせない男性ホルモンです。

このテストステロンを分泌させるのが、精巣(睾丸)で、分泌量の実に95%が、精巣(睾丸)で生成されます。

ですから、勃起力の維持には、精巣(睾丸)を健康に保つことが必須。テストステロンがきちんと分泌されないと、男性は性欲を感じることも勃起することもなくなってしまいます。

精巣(睾丸)の健康を保つためには、毎日の食事が大切。コンビニやファーストフードなどの出来合いの食品をなるべく避けて、バランスの良い食事を摂りましょう。

食事から、必要な栄養素を摂取することで、人間は、精巣(睾丸)を含め、内臓を健康に保つことができるのです。

亜鉛など、食事だけでは摂取しきれない成分については、サプリや精力剤を利用するのもおすすめです。

テストステロンの分泌を促す

テストステロンの分泌を促すことは、男性機能をいつまでもパワフルなままで保つうえで大変重要です。テストステロンは、加齢とともに分泌量が減ってきます。

人間は動物の一種。年齢とともに、肉体的に衰えて老化していくのは自然の成り行きでもあるでしょう。

ですが、テストステロンの分泌を意識して生活することで、男性機能の老化を食い止めることができます。

テストステロンの分泌を促す方法としておすすめなのは、筋肉量をアップすることです。筋肉を増やすためにはテストステロンが必須。

日常生活に筋トレを取り入れることで、テストステロンの分泌を導くことができます。また、いつまでも異性に興味を持ち続けるというのも良いことです。

異性に性的興奮を覚えることで、テストステロンは分泌され続けます。

逆に、異性に興味がなくなると、テストステロンは不要になり、それが長く続くと、体は「もうテストステロンは必要ないのだな」と判断し、テストステロン分泌機能が退化してしまうのです。

筋肉アップや異性への興味など、意識や努力をするものの、それだけでは足りないな、と感じた場合には、精力剤を利用するとよいでしょう。

心の健康維持で勃起力を高める

勃起は、体の健康状態だけではなく、心の健康状態にも大きく左右されます。

勃起不全のなかには、心因性EDと言われるものもあり、勃起の維持に安定した精神が必要不可欠です。

ストレスを感じると勃起しにくくなる「心因性ED」

人間は、強いストレスを感じ続けると、自律神経に失調をきたします。自律神経は、ホルモンの分泌を司っているので、自律神経失調により、勃起不全につながります。

これを心因性EDと呼びます。精神的ストレスを起因とするうつ病の患者さんは、勃起不全でも悩んでいることが多いそうです。

うつ病を発症している方は、通常の2.6倍のED発症率という研究データもあります。心因性EDは、10~20代の若者にも多く見られ、より深刻です。

ストレスを軽減して、勃起力を維持しよう

ストレスフリーな生活を送る

多少のストレスを感じても、即、勃起不全になるということはあまりないようです。

受けたストレスと勃起力の関係性は、個人差もあり、はっきりとしたボーダーラインや、データはありません。

自分の動物としての勘を研ぎ澄ますことが大切。体が出しているシグナルを、いち早く察知して、ストレスによる勃起不全を防ぎましょう。

勃起というのは、健康な男性なら、毎回同じ強さで起こるもの。この強さが一定でなくなるのが、サインです。ストレスに影響されて、勃起が強くなったり弱くなったり。

そして、体は元気なのに、ペニスの元気がないな、という日が続いたら、ストレスによる勃起への影響を疑ってみましょう。

この場合、勃起不全の原因となっているストレスをなくす必要があります。仕事、家庭、近所づきあい、勉強、など。

日々の生活を営む上で、ストレスになる要素はたくさんあり、これらのストレスを完全にゼロにするのは、なかなか難しいものです。

ですから、少しでもストレスを軽減して、よりストレスフリーな生活を心がけましょう。適度な運動で体を動かす、趣味に没頭する、といったことがストレス軽減に効果的なのだそうです。

どうしてもストレスによる勃起不全の症状が治まらない場合、心療内科などの専門のクリニックを受診すると良いでしょう。

自律神経を安定させる

自律神経は、ホルモンの分泌を司る器官で、自律神経に異常をきたすと、勃起に不可欠な男性ホルモンのテストステロンの分泌が滞ります。

自律神経は、交感神経と副交感神経の2つのバランスからなっていて、勃起が起こるのは、このうち、副交感神経が優位の状態の時です。

副交感神経が優位の状態は、すなわち、リラックス状態の時です。逆に、緊張や不安などからストレスを感じている時には、自律神経は交感神経優位に働き、ペニス勃起に至りません。

日々の暮らしの中で、いつものんびりと、リラックスばかりしているわけにはいきません。緊張と緩和のバランスをうまく取ることが大切です。

自律神経を安定させ、緊張と緩和のバランス、すなわち交感神経と副交感神経のバランスをうまく取りましょう。

それには、良い睡眠が必須です。人間は、眠っている時、副交感神経が優位になるので、この時間をしっかり取ることで、自律神経の安定を目指すことができるのです。

セックスの時のストレスを軽減させる

快感を得られるセックス。ですが、そんな時にもストレスを感じてしまうのが人間です。セックスの最中というのは、さまざまな心配が頭をよぎります。

自分のペニスの大きさ、早漏ぎみ、遅漏ぎみ、途中で中折れしてしまわないか。はたまた、相手の女性の反応は実は演技なのでは、など。

あまり考えすぎると、それが原因で、勃起不全に陥ってしまうこともあるそうです。さらには、そうした状況がトラウマとなり、本格的なEDや、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を

引き起こす、といった最悪の事態も考えられます。

セックスは、男のプライドそのもの。受けるストレスは計り知れず、簡単にかたづけられない難しい問題です。

関連記事:早漏

何よりも重要なのが、あれこれ考えすぎないこと。セックスというのは、男性だけでなく、女性も緊張するものです。男性のペニスの大きさなどを落ち着いて観察していられるほどの余裕はないものです。

また、男性が、あれ?と思う反応があったとしても、もしかしたら、それは女性の極度の緊張からくるものかも知れません。つい悪い想像をしてしまいがちですが、それはただの取り越し苦労かも知れません。

女性は、セックスしたいと思って身を重ねる男性のことを、悪い方向に見ることはありません。女性がセックスに同意した、ということは、相手に身をゆだねよう、相手を求めたい、という気持ちでいるのです。

安心して、自信を持って、営むと良いのです。起きてもいないことで不安になるのはもったいないことです。

万が一、セックスがうまくいかなくても、相手はその女性ひとりではありませんし、人生が終わってしまうわけでもありません。元気でいれば、次の機会がやってきます。

自分を追い詰めることなく、なるべく気楽な気持ちでセックスに挑みましょう。そう心掛けることが、心因性EDやPTSDなどから、自分を守る一番の方法です。

もしも、セックスに関わることでストレスを感じすぎて、どうしても勃起できない場合は、専門の心療内科で相談するのもひとつです。

専門のクリニックでは、精神的な治療はもとより、ED治療薬の処方などもおこなわれるので、勃起不全の改善に有効でしょう。

勃起不全の原因を知り、予防しよう

男性機能の回復には、精力剤の摂取が有効だと言われています。ただし、勃起不全の症状や原因はひとそれぞれ。

自分の年齢や体質をしっかり見つめ、勃起不全などの症状を引き起こす原因を握することが大切です。そのうえで、自分により合った精力剤をチョイスしましょう。

精力剤だけではなく、生活習慣を良くする、ストレスを軽減させる、テストステロンを意識する、など、さまざまな角度から、男性機能アップを目指しましょう。

 


最新版のペニス増大サプリを徹底検証

すべて実際に使って客観的なデータを集計した増大サプリおすすめランキング大公開!使ってみてわかったメリットや特徴をくまなくご紹介します。短小や精力減退で悩んでいる方はぜひご覧下さい。ギンギンにそり立つ巨根を手に入れて自信を増大させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です